野性奪還戰線

奈良の大宇陀に移住してきたやつのブログ

進撃の小人

 僕が管理人をしている古民家には時々、こども軍団がやってきます。この週末も総勢八名の腕白少年たちに家を占領されておりました。

f:id:shhazm:20150420103343j:plain

 僕がこの四月から所属するNPOが毎月開催している、こどもだけの一泊二日のイベント(詳細はサイトを参照)の会場になっているというわけです。

 こどもらの有余る活力にたじろぎながらも、自分の家に、たまにこうしてこどもが遊びに来るのはわるくないなと思います。

f:id:shhazm:20150420112803j:plain 

 本イベントでは、月替りで、街のこどもたちに季節にあわせた体験を提供しているんですが、今月は案山子づくりでした。

f:id:shhazm:20150420113023j:plain

(今回つくった案山子は、来月田植えをする棚田に設置します。)

 ほかにも、裏山で筍を掘ったり、縁側を走り回ったり、前の畑で鬼ごっこをしたり、焚き火をしたりと、遊びつくして帰っていきました。

f:id:shhazm:20150420121856j:plain

  そして今回は遊ぶついでに、前の畑のゴミ拾いも一緒にしました。

 お借りした畑地でこれから野菜栽培を行うにあたって、被覆資材(黒ビニールなど)の残骸を取り除く必要がありました。こどもらの協力のおかげで半分以上の範囲の除去が完了し、あとは草刈りをすれば植えつけできます(当地は水はけが良く、おそらく畝を立てなくても差し支えないと思われます)。

 こどもらが来たときには食べさせてあげられるよう、まずは夏野菜の収穫をめざしてやっていきます。