野性奪還戰線

奈良の大宇陀に移住してきたやつのブログ

日記 七月九日(平成廿八年)

 未明から大雨。

 早朝に田んぼの点検だけ済ませ、帰宅、家をすこし掃除。車で森下さんを診療所に迎えにゆく。ついでに役場に寄り、参院選期日前投票を済ませる。森下さんを送り届けた後、榛原の目医者にコンタクトレンズの検診に行く。帰りにコンビニでコーヒーを買い、そのまま車のなかで池澤夏樹の『帰ってきた男』(短篇集『マリコ/マリキータ』所収)を読む。14時半頃帰宅。雨いまだ止まず。家の向かいのカフェにて、居合わせた大家さん夫妻と話したり、書きかけの文章を進めたり、同じく池澤夏樹の『冒険』を読んだり。17時頃、雨があがったので畠へ。綿花、トマト、ナスの移植、田畠の見まわり。日没。

 

——————

 恥ずかしながら、池澤夏樹を読むのはこれが初めてである。以前から気になっており、先日たまたま古本屋で上記の短編集を手に入れた。読んでみて、なんとなく自分と近しいものを感じ、好感をもった。

 現世や社会の枠外への郷愁にも似た強いあこがれと、あこがれつつも枠外へ出られない自分、出てはいけないような気がしている自分、その歯痒さ、そのさびしさ、地上の存在にあらかじめ備わっている葛藤、みたいな。シガラミからの脱出を夢見ながら、シガラミと不可分に自己同一してしまっている自分という「不自由な」存在、みたいな。そのあたり。

——————

 雨の前には、沢の水を田に引くための樋を完全に外す。雨が止めば元にもどす。田の水の溜まりがわるい時は、モグラの穴を見つけて埋める。だいたいこれが、田んぼの水の管理。

——————

 

 あしたは森下さんの村の草刈りに代理で出る。朝早いので寝る。

 

 

短篇集 マリコ/マリキータ (impala e-books)

短篇集 マリコ/マリキータ (impala e-books)